なるべく勤務年数を長くする

収入の安定性を示す勤務年数の重要性

カードローンの審査項目として勤務年数は審査通過の可否を分けるポイントになります。まだ社会人になって一年目や二年目の場合には審査が通りにくい傾向があり、三年程度になると通りやすくなるのが一般的です。転職した場合にも同様で、転職直後は勤務年数が少ないために審査が通らないという状況になりがちなので気をつけましょう。勤務年数の長さは収入の安定性を示す指標として確認されています。カードローンの審査が通って借り入れをし、すぐに退職して無職になられてしまうと金融機関はお金を回収するのが困難になるかもしれません。本人の意志とは関係なく解雇されるリスクもあることを考慮して、勤務年数が長くて仕事先で安定して働けることが重要とされています。

就業形態による勤務年数の影響力の違い

正社員以外にも契約社員やパート、アルバイトなどの様々な就業形態があります。個人事業主として働いている人や派遣社員として仕事をしている人もいますが、どの就業形態かによって勤務年数の影響力にも違いがあるので気をつけましょう。公務員の場合には仕事が安定しているので勤務年数が短くても審査が通りやすくなっています。それに対してパートやアルバイト、派遣社員の場合には辞めるリスクが高いため、働き続ける意志があるかどうかを判断するために勤務年数の長さが重視されているのが一般的です。個人事業主の場合にも現在の事業を始めてどれだけの期間働いてきているかに応じて今後の様子を推定できるため、勤務年数が長いことが求められています。

© Copyright Financial Services. All Rights Reserved.