カードに頼る生活はお勧めしない

カードに頼っても後から払うだけ

カードは手持ちのお金がなくても支払いができるので、便利なものです。お金が無くても買えるので、ついつい買い物をしてしまいます。そうなると、必要でないものまで買う可能性が高くなるでしょう。また、簡単に買い物ができるので、収入よりも高い買い物をしてしまうこともあります。収入は変わらないので、支払うときに苦しくなるだけです。このようにカードの怖いところは、支払いを忘れて買い物ができるところです。支払いまでにお金が増えていればいいのですが、普通は変わらないでしょう。そうなってしまうと、カードの支払いをどうするかを考えなければならなくなります。お金がなければ、借金をするということになるでしょう。借金してしまうとなかなか返せない悪循環に陥るのです。

支払う総額は多くなる

カードを利用するときに、一括で支払う人は金利などを気にする必要はありません。しかし、分割払いをするのであれば、金利を合わせて支払うことになります。金利は決して安くはないので、支払い総額は上がってしまうでしょう。特に支払う金額を減らすために、長期間の分割払いをするときには金利は高くつきます。分割払いは1ヶ月の支払いが少なくて済みますが、最終的に支払う金額が大きくなるという欠点があります。カードの頼っている人は、この欠点を知っていても止められない人が多いでしょう。カードで支払う前にどの程度多く支払うことになるのかを、計算してからカードを使うと良いです。金額によっては止めておこうという気持ちになるかもしれません。

© Copyright Financial Services. All Rights Reserved.