審査では収入がかなり重要

収入について求められること

カードローンの審査項目としてとても重要な役割を果たしているのが収入です。年収あるいは月収がどのくらいあるかは必ず申し込みのときに確認されることで、上限額が大きい場合には収入証明書の提出も求められます。これは借り入れをしたときに返済する能力があるかどうかを判断する重要な根拠となるからです。家族構成や住居費などを考えて、月収から生活費を引き去り、それでもどのくらいまでなら毎月返済できるのかを試算して上限額を設定するといった形で活用されています。金額の大きさも重要ですが、収入の安定性も重視されるので気をつけましょう。長期の返済を行っていく能力があるかどうかを判断する上では年単位で収入が安定していることが求められるのです。

総量規制についても理解が大切

収入に関わるカードローンの審査として覚えておく必要があるのが総量規制の影響です。銀行の場合には総量規制の対象にはなりませんが、消費者金融などの場合には総量規制の対象となるので収入がない人には貸付を行えません。必然的に自分で働いて収入を得ていない専業主婦などの場合にはカードローンの審査を通れないことになります。上限額についても年収の三分の一を上限とすることが定められているため、それ以上の借り入れをしたい場合には総量規制の影響を受けない銀行で審査を受けることが必要です。しかし、銀行でもこの定めに準じた形で上限額を設定しているため、特別なケースを除くとあまり大きな上限額を設定してもらえることはありません。

© Copyright Financial Services. All Rights Reserved.