金銭感覚を正常に保つ

返済計画を立てながら利用する

便利なサービスにカードローンがあります。利用時に審査がありますが、無事作ればそれ以後は自由にお金が使えるようになります。しかしあくまでも借入なので、将来的には返済しなければいけません。元本だけでなく、借入額や借入期間に応じた利息も必要になります。カードローンを利用して借りれをするときは、それをいつ返済するのかの計画をきちんと立てましょう。給料日前に生活費が足りなくて借りるなら、給料日にすぐに返済する予定で借ります。冠婚葬祭やどうしても欲しい高価なものを買うとき、すぐに返済できなくても毎月一定額ずつやボーナスを利用して返済する予定で借ります。返済計画なく借りてしまうと、どんどん借入残高が増えるので注意しないといけません。

リボ払いでの返済は極力しない

クレジットカードの支払い方法としてリボ払いがあります。利用額に関係なく毎月の支払額が決まっているので、生活費への負担が出にくくなります。しかし支払い残が多ければその分利息が多くなるので注意が必要です。カードローンの返済方法でもリボ払いが選択できます。ポイント制度があるカードローンだと、通常の返済方法よりもリボ払いの方が還元率が良くなっているものもあり、一括返済できるのにリボ払いを選択する人もいます。ポイントはたまるかもしれませんが、それ以上に将来支払う利息負担が増えます。リボ払いは便利ですが、借入残高がわかりにくくなるなどの問題もあります。金銭感覚を保ちながら利用するなら、できるだけ早めに返済する使い方が良いでしょう。

© Copyright Financial Services. All Rights Reserved.