限度額を高く設定しない事

融資額の設定の仕方に工夫しよう

銀行のカードローンは、マイカーや住宅など、特定の目的が無くても融資を受けられるため、うっかりと借りすぎてしまう人が後を絶ちません。特に、高額の借入れを行った場合には、返済期間が長くになるに従い、高額な利息の返済が必要となります。そこで、初めてカードローンを使う際には、返済時の負担を軽減するために、融資の限度額を十万円から五十万程度に設定しておくことがおすすめです。銀行のカードローンは、貸金業法が定める総量規制の対象となりませんが、独自に審査基準を厳しくしている銀行も増えています。そこで、カードローンを正しく使いこなすうえで、審査を付ける前に銀行ごとの融資のシステムやサービスの内容などをよく確認しておくことが大事です。

カードローンの借入れ先を選ぶ時に確認したいこと

カードローンの融資の限度額は、銀行によって大きな差がありますが、中には契約者の信用力次第で500万円以上の借入れができるところもあります。カードローンは、カード会社や消費者金融などが扱っている融資のサービスよりも利率が低めに設定される傾向がありますが、融資額によっては完済が困難になったり、返済方法や返済期間の変更が必要となったりすることもあります。そこで、カードローンの利用時のリスクに備えるために、必要最小限の金額しか借り入れないのはもちろん、返済中のシミュレーションができる銀行を探してみましょう。また、評判の良い銀行のカスタマーサービスに問い合わせをして、収入額や他社からの借入額に応じた無理のない借入れの方法についてアドバイスを受けるのも良いでしょう。

© Copyright Financial Services. All Rights Reserved.